金庫の鍵も回りにくくなったら交換しよう

マイナンバー制度などの施行によって自宅で貴重な書類を保管したり、金銭を保管したりするなどの理由から、最近では金庫の重要性が見直されつつあります。そのため、これまでは金庫など使用していなかったという人でも新たに金庫を購入したというケースも多いことでしょう。さて、そんな金庫ですが既に購入して長い年月使用し続けている方、もしくはこれから購入を検討しようとか最近購入したばかりだという方は、あることに気をつけておいてください。それは金庫の鍵も回りにくくなったら交換するべきである点です。

一般的な鍵と同じように、金庫の鍵もまた経年劣化による不具合を起こす可能性があります。これはどのような金庫にも起こることとは断言できませんが、ある程度の年数が経過した金庫ならばほぼ確実に鍵の不具合をきたすでしょう。たまに、開かなくなってしまった金庫を鍵師がなんとかして開けようとするようなテレビ番組が放送されることがありますが、まさしくあのような状態の開かずの金庫になってしまう可能性があるのです。このような状態の金庫にさせないためには、金庫の鍵の回り方の異変にいち早く気づき、できるだけ早期の交換を行うべきでしょう。

金庫の鍵は基本的にダイヤル式と鍵式の二つ構成になっていますので、一つの鍵が解錠できてももう一つの方が解錠できなければ開けることができません。ですので、金庫の鍵の回り方をチェックするのはシリンダータイプの鍵はもちろん、ダイヤル式ロックの方も対象となります。

これからますます金庫の重要性は高まっていきますが、それを利用する私たちは金庫の適切な取り扱い方を意識しておく必要があります。ですので、なかなか開けないような金庫があったとしても、たまには解錠するなどして鍵の回り方を確認して必要であれば交換などを検討してみてはいかがでしょうか。そうすれば末長く同じ金庫を使用することも可能になってくると思います。