ピッキングで開きにくい鍵こそ防犯性のが高い鍵

よく鍵は防犯性の高さによってその評価が変わってくると言われていますよね。それゆえに、その鍵の購入を行う私たちもまた、防犯性の高いものを選ぼうと必死になってしまう部分があります。しかし、よく考えてみるとどのような部分が防犯性の高い基準になるのかわからず、ただ単に売り場のポップであったり販売員のセールストークだったりなどを鵜呑みにして、防犯性を分かった上で購入をしているケースがあるかもしれません。ではここで言う防犯性の高い鍵の基準とは一体なんなのでしょうか?その一つとして挙げられるのが、ピッキングで開きにくいという点だと言えます。

ピッキングで開きにくい鍵は、無理やり解錠することができないという意味でもあります。例えば針金を二つ突っ込んでみて、カチャカチャとしてみると簡単に開いてしまう鍵、そんな鍵は確実に防犯性が高い鍵であるとは言えないでしょう。その針金をカチャカチャとする人間が全くの素人であり、それでも解錠できるような鍵であればなおさら防犯性は低いと言えます。むしろ鍵としての性能を有していないと言っても過言ではないでしょう。

その反面、プロのピッキングを行うような人間が数分かけて作業を行っても全くもって鍵が開かないという鍵であれば、まさしくセキュリティ性の高い鍵であると言えます。このような鍵の種類には、普通のディスクシリンダーだけではなく、鍵の表面にクレーターがついたような鍵で開けるシリンダーなど特殊なものが含まれるでしょう。

ピッキングを行える人間が周りに居るというケースは少ないかもしれませんが、もしそのような人が居たとすれば鍵がピッキングによって解錠できるかどうか試してみるのも良いかもしれません。もしその人がピッキングで鍵を解錠したとしたら、その鍵はセキュリティ性がかなり低い鍵だと考えてかまいません。このことからも、ピッキングで開きにくい鍵こそ防犯性の高い鍵だと言えるのです。