防犯レベルを高めたいなら鍵の整備だけではダメ!

自宅の防犯レベルを高めるための方法を模索している方に、一つだけアドバイスがあります。それは防犯レベルを高めたいなら鍵の整備だけではダメだということです!よく空き巣被害をなくしたいから鍵を頑丈なものにするという人がいますが、それだけでは不十分なので気をつけておいてください。鍵を精度の高いものにすることは大切ですが、そこの部分だけをしっかりとしておいたとしても、別の部分に不備があればどれだけ鍵を整備しても宝のもちぐされになってしまうと言えるでしょう。

では、防犯レベルを高めるために鍵以外にどのような部分を整備するべきなのでしょうか?その一つとして窓ガラスの整備が挙げられます。よく考えてみてください、空き巣が侵入してくるのは決して玄関だけとは限りません。相手は非常な手を使って侵入してくるわけですから、窓ガラスを割って侵入するということも十分に考えられるでしょう。そのため、窓ガラスを強化しておくということも重要になってくることが推測できます。

窓ガラスを頑丈にするということは、強化ガラスや防犯ガラスを取り付けると同時に窓ガラスに取り付けられている鍵も頑丈なものにしておく必要があります。できれば鍵穴があるようなタイプや、鍵穴は無かったとしてもレバーなどで頑丈なロックができるタイプの窓専用の鍵にしておくことが理想でしょう。窓に関して言えばこれだけの対策ができていれば十分だと思います。

窓だけではなく防犯性能を上げるためにはその他の部分も色々と気をつけなければならないポイントは存在しています。そのため、鍵だけを頑丈なものにしたとかしっかりと整備したからといって慢心をしないようにしてください。そしてまだ不備のある所はないかと常に確認作業を行い、少しずつでいいですので鍵以外の部分の防犯を高めていきましょう。そうすれば徐々に家屋がかなり防犯性能の高い家屋になっていることは間違いありません。