電子ロックの防犯性能はどれくらいのものか?

従来のようなシリンダーの搭載されている鍵穴のある鍵とは違って、テンキー、もしくはそのテンキーすら存在せずに手持ちのボタンだけでロックを解錠、施錠を行うことができる電子ロックというものが登場しています。この電子ロックの素晴らしさというのは、鍵を持たなくてもよいという点が挙げられますし、何にせよスマートな使い方ができるという点が挙げられるでしょう。しかし、ここで気になるのが電子ロックの防犯性能についてです。見た感じがあまりにも近代的でありすぎることから、その防犯性はわからない部分があります。それでは実際のところ、電子ロックの防犯性能はどれくらいのものなのでしょうか?

電子ロックはその種類や値段の面でピンキリであることから、性能についてもピンキリであると言えるでしょう。ということは、価格が低い電子ロックであれば簡単に解錠することができ、当然のことながら防犯性能は低いということになり、価格が高いものであれば防犯性能が高いということが考えられます。私見ではテンキータイプの電子ロックで入力する数字が4桁程度であれば簡単に覚えられることや解析されることから、防犯性能はかなり低いと考えています。

ただ、一般的な鍵のようにシリンダーを使用しないという点だけをクローズアップしてみると、ピッキングのような無理やり鍵を解錠されてしまうようなことができませんので、ある意味では防犯性能が高いという側面もあるでしょう。ですので、電子ロックは種類と使いようによっては高い性能を有すると考えていいかもしれません。

今後、どんどんと電子ロックの普及は多くなってきますが、その防犯性能については高いとも低いとも言えないのが現状です。しかし、普及にともなってよりセキュリティの高い電子ロックも登場することが考えられますので、そのような電子ロックが登場してから購入を検討したり、設置を行ったりするのが良いのではないかと思います。